4月SQの今週は、コールショートに徹する手も。

米国ダウはトランプ氏が吼えて▼500ドル

側近が市場を宥めて✛400ドル高

 

この様な日々が続いている。

そのたびに順張りへッジを入れていたらボロ負けになる。

 

4月6日の金曜日は▼500ドルから戻りが300ドルほどあり雇用統計を

控えていたので上にも下にもヘッジを入れざるを得なかった。

結果はコールは半値以下に売られ、プットは上がらないか下落。

ボラ剥げとセータでロングポジは大いにやられた。

 

今週のSQの前ノ水曜日にFOMC議事録の発表がある。

過去の事で朝らしい政策と無関係なのだが、不思議なくらい米国株式は動く。

その後を受ける日経225先物は木曜日ですから4月SQの最終商い日

いまですら✛―500円が動くので水曜日にATMから1000円でも

プットショートなどは安心はできない。

 

それになら米中貿易紛争で「解決まで」は高値を取れない可能性が高い

ので。コールのショートを大きく戻ったところを狙う方が安心でしょう。

 

米国が仕掛けたが、米国に「勝ち目」がうすいので解決には時間が掛るだろう。

吼えたトランプ下落の市場を宥める高官(側近)達も時間が掛るとしている。

中間選挙が絡んでいるので上げた手の下し方も面目から難しい。

中国からなんの譲歩を得ないで下げるわけにはいかない。

中国は米国の圧力に屈したと思われる訳にはいかない。

 

そうした事情からオプション売買は容易になっている。

日経225先物が22500円以上などの4月SQは考えられない。

21800円くらいを高値として横ばいか下落でのオプション戦略で

勝てるだろう。有利なのはレシオだが証拠金が高い。

 

このコールショート戦略は5月SQも暴落がない限り継続する。

5%会でも短期スプレッドを除けばコールショートに力を注ぐ。

コールショートのロングヘッジは証拠金を減らす役割も兼ねます。

 

また変形コールカレンダーも取り入れるべきだろう。

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

短期ザラバコース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー