時間軸で売買サイン出現タイミングを見る。チャートの勉強第5回

本日はサイン出現を時間別チャートでみてタイミングを測るベストの時間軸を見る。

2018年5月11日までの上昇の買いサイン出現を見ます。

 

◇日経225先物日足から

日経225先物(朝まで入っているCFD)に乖離を示すエンべ<乖離3%で上下の帯)。エンベのセンターが20日移動平均

それに5日移動平均線をいれトレンド系で「クロス時点」をチェック。

下段はMACD(ブルー線)オレンジ線はMACDの9日移動平均線です。赤横線は勢力がニュートラルの0地。

 

時間軸日経225先物

3月末の底から上昇したケースです。

・初めのサインは20日移動平均と5日移動のA地点のGクロスです。(騙しが多い)

・2番目はMACDのプラスに上昇したC地点

・3番目はMACDの移動平均のプラス地点D

参考にB地点はエンべ3%オーバーですから警戒サイン

E地点もMCDのデッドクロスで警戒サイン 共に上昇っサイン点灯中ですから警戒と

ロング多数持ちなら25%の売却もあり。

この日足チャートからは5月14日の週は買い継続になります。

 

 

◇日経225先物4時間足から

分析ツールの数字は1日が4時間に変わります

4時間

ご覧の通りですが解説します。

MACDの「クロスB]が反転準備(買い警戒サイン)

移動平均の動きは騙しの連続ですので4時間足のクロスは「使えない」ことが解ります。

しかしながら、騙しの多い移動平均をMACDが買いサインのヘッジになるC地点は安全度がまします。

MACDのD地点はプラス圏内のデッドクロスで買いパワー現象で警戒サイン。500円下落で的中です。

チャートで見ると「細かく見える」が500円はオプションでは事件。

それ以降は移動平均の上昇トレンドとMACDがプラスキープで「買い継続」になっています。

 

ローソク足からは、安全な買いは「G地点」になります。5月5日の05時(日本は休場中)

理由は暴落後の2月高値を抜いたからです。

買いサインは高値更新後に再度移動平均がGクロス

MACVDはE地点で発令された警戒サインからMACDが再度プラスの位置です。

現在は、やや買い継続優勢の4時間足です。

 

日足で買いサイン継続中のとき短時足では、下落サインにダマシが多くなります。

 

5月からの揉み合いからの動向を見るために1時間足

◇日経225先物1時間足から

分析ツールの数字は1日が1時間に変わります。エンベも1時間なら0.75%に変更。

1jikaann

最早のサインが出た2つのポイントは「危険そうですが」MACDのGクロスとエンべの売られすぎが重なっています。

2回目のサインではMACDもプラスでリスクは減ります。

その後は騙しが多い1時間足ですから20本移動の大きな乖離、MACDの大きなマイナスがないので買い継続サイン。

 

5月11日の11時くらいからローソクがエンべを突破して警戒サインだがMACD上昇で警戒まで。

19時になってMACDがデッドクロスで警戒サイン、移動平均も下げればデッドクロスで警戒になる。

月曜日の朝は警戒からで、新規の買いはリスクが多めの1時間足です。

しかし日足で買い継続中と20本移動平均が強い勢いを持っています。MACDも下中と云えども「位置が高い」

 

 

 

上のチャートにRSIも加えると「リスクを避ける安全弁」が強化されます。

NACDとRISの併用はブログ参照

 

短期コースや短期ザラバコースでの売買判断には現在週足のトレンドを頭の中に意識して

20,5の移動平均、

ボリバン、エンベ、RSI,、MACD

各日足、4時間足、1時間足、5分足から総合的に私が判断しています。

その傾向と強弱でオプション戦略はロングでもコールロングとプットショートが変わります。

またボラの動向とSQまでの時間も重要なファアクターになります。

重要イベント前にはオプションロング系が強くなりますが、それ以外は勝率の高いショート系が多くなります。

⋆暴落に細心の注意をしています。

 

参加希望者は下記からお願いします。

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー