上昇は重く、底堅い。オプションはショート戦略が優勢になりそうだ。

NY市場が史上最高値を付けてからの調整下落ですから

天井確定売りと押し目買いの攻防中です。

材料は「決まらない米中合意」
   「決まらない利下げ」

上記2点が今の相場を動かしている。

メディアから報道されているように「今月の米中合意の決着」はない

利下げも「FRB内部には年内利上げ1回」もいますので利下げまでは
サプライズの経済悪化指標が出ないと無理
金曜日にフィラデルフィア連銀総裁の会見でも年1回以内と語る。

今週は月曜日にFRB議長会見とFOMC議事録発表があるが
おそらく既報レベルでしょう。「忍耐強く!!」

目先はトランプツイートで上下しても持ち合いで大きな上昇は考えにくい。
下落も日米政府筋が神経質になっており事件的下落以外なら下値は買われる。

日経225先物なら上は21750円が一杯一杯。
下は20700円台2回が目先底で戻しがはいる。

そこからオプション戦略はショート戦略が有利と思います。

コール22000円はショート出来る
プット20000円はショート出来る。

ここら辺をメインにヘッジでしょう。
SQまでの時間からクレジットよりレシオが安全だろう。

今週はコールショートとプットショートでコールショート多めで対処すると好結果が出そうです。

オプションは売るものだ!
が生きそうな相場です。

オプションショートを本格化するには時期が早いのでジャブ程度が妥当。

下は「売り安心感を持たす」ナスダックの日足チャート
ナス日足

先週の月曜日にボリバン―3σまで下落してkら上昇調整が終り下落になりそうなチャートです。
戻りの上昇理由がトランプ氏の甘言ツイートが多かったのでチャート以上に相場は弱いと云える。

アマゾンの2%を越える下落も効いた。

5%会のショート戦略では今週はコールショート積みデルタマイナスのプットもショートを少し積み上げ。

5%会のショート戦略コースのお申し込みは下からです。
お待ちしています。今SQは勝率が髙い。

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

チャンス待ちコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー