ダウ2000ドル戻し達成で上昇リスクが減った。

暴落の後は必ず戻しが入りますが、今回は2000ドルもの戻し。

これで戻り相場終了になるか、再上昇の為にしばらく揉みあい調整か。

つまり短期に急騰する可能性は減ったと考えていいだろう。

 

想定は揉み合いか下落になる。

 

オプション戦略としてはコールショートが上の条件なら有利になる。

 

私は再度大きな下落があると思っているが、キッカケがないと大幅にはならないかもしれない。

今週ならFOMC議事録で利上げ確実で米10年債の3%接近がもっともありそうな材料です。

 

今はドル円が下落しても金曜日に見られたように日経225先物はあまり影響を受けない。

 

もう暴落はないだろうと油断したときが危ないときだろう。

月曜日のプットボラに注目したほうがいい。

 

ボラは先見性が「ある程度」あります。

不思議と高いと後から下落、不思議に低いと後から上昇。

こんなケースが多い。

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

短期ザラバコース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー