戻りを売れ! が正解になって来た。

11日の内容で押し目」か「戻り高値から下落相場」

いずれか?

を書いたが私の予想の下落相場入りの可能性が高くなってきた。

ダウ日経225先物の大幅安のあとの反発は売りに押されました。

結局中間選挙での上げを全て失いました。

上値も重く

安全に行くならコールショート

一発千金ならプットバック

 

いまだに日経VIは20を越えて日経225先物も100円200円の上下動は昼もナイトにも

出現している。

 

上昇不安、リスクは中国との協議が始まったことでブラフ的のニュースや関連して

トランプ氏が貿易摩擦が終わったかのようなツイートでしょう。

これまでに2回。

個人的にはインサイダーだと思っているし、それに沿う結果になっている。

中間選挙が終わり、米国PKOも高いレベルでは出ないはず。

 

発動はトランプ氏が決めるのだが

「民主党が下院をとったから相場は下落しても仕方ない」

さも「2020年」は共和党にしてね。と云わんばかりの発言。

 

共和党は株高

民主党は株安

この様な構図が望ましいようだ。

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー