ダウとS&P500は10月29日の安値をナス同様に切るか?

ダウもSP&500も弱い動きで10月29日の安値に向かっています。

勢いは切りそうだが、一旦反発してもおかしくない位の急落です。

 

下はナスダック3本の移動平均線は赤(200日)青(50日)紫(5日)です。

各チャートの青➡が10月29日の安値です。

nasu hiasi

見た通りナスダックは2営業日前に切って反発後に金曜日の下落したところです。

50日線が200日線をクロスして中長期の下落トレンドが見えます。

ナスダックはハイテクか下落すると下げやすいので最近のFAANG株の下落が効いている。

 

次はS&P500の日足

S&P500

こちらは安値まで金曜日の引けからで29ポインドしかない。

金曜日段階ではナスダックより弱く、差を詰めている様子。

200日線もハッキリとして下落トレンドになっている。

 

ダウの日足を見ると

ダウ日足

ダウも安値と金曜日の引けの差は164ドルと急接近です。

過去の例なら「このような場合はナスを追いかけて切る」ことが多い。

50日線も下げが急でナスダックのうようにクロスするかもしれない。

 

最後は日経225先物の日足

日経225先物日足

日経225先物は距離がありCFDですが金曜日の引けと比較して684円もあります。

原因はドル円がやや高いとこと日銀の連続ETF購入そして21500円以下の年金の買いが

云われている。

 

しかしながらダウもS&P500も瞬間でなく確実に下値を切ると日経225先物も

安値を追いかけると思われる。

下落に加速を付けNY市場に追いつくにはドル円の下落が必要になります。

 

ダウに関してはアップルとゴールドマンサックスの暴落が止まるか、目先反発するかが

来週のポイントになる。

下落理由のハッキリしているアップルと違いゴールドマンは金融株ですから大きな変化が

起きた訳ではない。

 

ここからオプションの戦略を考えるなら「上は限界あり」のコールショート系がダウの反発でも

危険が少ないだろう。外目外目で安全に確実に利益を狙う方がいいだろう。

プットも大きく下落してるので米中トップ会談までは「暴落」の可能性は少ないので

やはり外目外目の差のあるプットレシオを組みコールとヘッジしあう関係がいいっだろう。

ショートコンドルの形です。

5%会のショート戦略コースも「結局ショートが勝つ」ムードです。

大幅下落にはプットカレンダーで対抗して、下目にレシオの戦略です。

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー