暴落確率が高いときのオプション戦略。

株式市場が過去の暴落の位置に来たから暴落するとは限らないが

今回は金利(利下げ期待)だけでの上昇で企業業績が追いついていないし

半年後に株価に追いつく企業利益があると市場自体も考えていない。

現状は株価上昇が、そのままPERの上昇になっている。

オプション戦略では

日経225先物は消費税アップが降ろされない限り上昇しても小幅で
下落したら大きい。として。

・コールショート
・プットバック

リスクを避けるためにはどちらかの選択です。

コールならレシオ、リバースのカレンダー、クレジット
プットならバックスプレッドが本命になります。

5%会では既に下落を想定して両建てのコンドルを組んでいますが

コールロング1枚決済かプット初pと1枚決済で下落有利のポジションにします。

チャンス待ちコースは、ここをビックチャンスとして参戦します
長期✛短期コースも下落した利益のスプレッドを中心に。

プラチナコースは電話で相談ですがご希望のリスクで売買します。

オプションの初心者で投資資金1000万円以上の方に参加して頂いております。
また60歳以上の方でギリシャ文字を弁虚するのは面倒という方にもいいでしょう。
若い人に教わるのは、どうも抵抗があるかたもおられるでしょう。
私は60台ですから気軽です。

臆せずにオプションに参加しましょう。
お待ちしています。

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225先物・オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

日刊「先物で勝率65%の聖杯を探せ!」

「65%聖杯 実践売買」

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

チャンス待ちコース

【無料メルマガ】オプション戦略(週刊)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー