日経225先物が新値を取るなら買い転換点は?

24000円を抜けてから24490円まで押してから急落で

10月9日はナイトセッションで23320円の安値。

押しとしては、1170円となりました。

24490円が天井の可能性もありますが、チャートの流れでは大相場なら

1000円レベルの押しは当然です。

 

天井の可能性を避けて「買い転換地点」を探りたいところ。

日足を見ると

日経225先物日足

チャートの赤線がボリバン+3σ、青線がボリバン+2σです。

茶線が20日移動平均線

 

移動平均を越えるのが第一条件とするなら23900円になります。

24000円の手前ですが、ここまで戻ると23000円割れの咆哮より上が意識されるだろう。

 

 

おそらく24500円を超える相場になれば25000円も射程内ですから買い方としては

23900円で一弾、24000円乗せで2弾、24300円台で第3弾となれば理想的でしょう。

コールオプションの場合は23000円台はバックスプレッドで高くなるにつれてデビットが

リスクを少なくすると思います。

23900円で買ったバックは24100円を超えたら益出して下落リスクを減らしながら買い進める

と精神的に押し目も維持しやすくなります。

 

私は25000円相場になると思っていますが、相場ですから確実ではない。

ですから、まめな利食いと下落したときのルリスクが少ないデビットに切り替えていくことだと思います。

 

 

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

オプションメルマガ(無料)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー