ナスダックは天井を打ったのか?

現在の相場は順番として

ナスダックから日経先物そしてS&P500最後にダウの順に

動いている。

 

したがってナスダックが10000以上で天井なら他の3指標も下落になりますし

10200以上に跳ねれば他の指標

特に日経も24000円以上に追いかける可能性が高くなります。

 

ナスの日足チャートを見よう

nasu

先週水曜日に高値で十字線をとり、大きく下放れして大陰線で翌日は

25日線まで下落してからの反騰で陽線になっている。

 

チャート形は下落、MACDもデッドクロスして売り転換

しかしナスダックはGAFA次第だ。

親分のアップルが上昇すれば新高値もとるし、アップルが調整になれば

指数も下落になるだろう。

 

日経は米国相場につられるので極論すればアップル次第だ。

次にアップルの日足チャート

appuru

水曜日にはボリバン+3σまで買われさすがに一服してダウさ全体の流れで

反落したが、翌日は反発した。

MACDもナスのようにデッドクロスしていないで上昇トレンド継続

 

悪材料は短期に「上げ過ぎている」「上昇は自社株買い理由がおおきい」

 

米国だけでなく世界中の株式相場の行き先を決定するアップルの動きだ。

 

6月15日以降「さらに上昇」するとは思いにくいがレンジ相場になる

可能性はある。

 

日経オプション戦略としてはロングストラングがふさわしい。

理由は23000円も20000円もありうるし

短期でも500円動きそうだからです。

 

ロングストラングルのヒット アンド アウェイ作戦だ。

もちろん「しばらく放置」で1000円移動もありるう。

その時はロングストラングルが大勝だ。

 

 

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225先物・オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

日刊「先物で勝率65%の聖杯を探せ!」

「65%聖杯 実践売買」

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

チャンス待ちコース

【無料メルマガ】オプション戦略(週刊)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー