「わからない」相場で行動できる人にだけ、
利益は届けられる。


あなたには、明日の相場の行方がわかりますか?

どれだけ世界的に著名な投資家でも、わからないと言うでしょう。
私も、45年以上も株式相場を見ていますが「わかりません」。

明日の相場の行方は、常に「わからない」。それが、正しい答えです。

わからないことが明らかなら、最初から何も賭けないほうがよいのでしょうか?

たしかに、行動さえしなければ損失は生まれません。
そして、静かに目減りしていく人生が手に入るはずです。
それもひとつの選択ですね。


他人は、助けてくれません。会社も、定年後は助けてくれません。
そして、今後インフレが確実に日本を襲います。そこで、年金も必ず目減りすることでしょう。
そのような世界で、未来のあなたを助けるのは、あなた自身の資産運用技術だけでは?

はっきりとお伝えします。
このコピーを最後まで読まれたあなたは、行動のときです。

日経オプション戦略

メール配信利用規約

GDPショック! コロナショック! 少子化ショック!

ここに来て「大きなショック」の事態が立て続けて起きている。 GDPは消費税アップで当然のことですが […]

週足に見る株式市場の陰転!

FRBによるト、理由のハッキリとしたNY市場の過熱相場のムードが 変わってきた。   FR […]

FRBは、過熱株価に小休止を求めたのか。

米国の株価上昇はFRBの創作と知れ渡ったが、 あまりの上昇スピードに戸惑ったのかも知れない。 &nb […]

日米の官製相場の行く末。

日米ともに中央銀行の政策に株価が「割高」に買われている。 過去の計算ではあるが株価価値から逸脱してい […]

政治圧力に負けたFRBはバブルを膨らませる。

政治的中立を保たなければいけないFRBはトランプ氏に屈服してしまった。 金融市場に膨大な流動性資金を […]

日米株式指標にMACDデッドクロス

急上昇から小緩んだ先週の株式市場ですが日足チャートに MACDから「売りサイン」 MACDは世界的に […]

米国株の花火大会のフィナーレは仕掛け花火

2009年から始まったダウの大相場の上昇は利下げとFRBのQEから始まった。 そして時代がGAFAの […]

チャートに見える暴落警報!

株式市場は、急落から急騰を繰り返し 米中協議の楽観から高値になってい。る   異常なる楽観 […]

株式市場はリスクvs金融緩和。

英国ブレグジット 米中貿易摩擦 欧米関税決定 数字に表れている世界的製造業の低下 どれでもチョット狂 […]

10月のSQ週を乗り切る

10月は、まだまだ荒れて日経225先物は+-1000円以上動くだろうが オプション戦略は? &nbs […]

毎度毎度の中国問題下落!!

友好ムードから一転して摩擦の表面化で金曜日に大きく下落。 慣れっこになっている中国問題での上下運動。 […]

利下げで株価上昇は確実ではない。

一般論として利下げは株価上昇と考えられているが 本当だろうか? 間違いなく 株の配当利回り比較からは […]

SQまで2週間。ロングならデビットでショートならレシオ有利

米中貿易摩擦で波乱の内に8月が終わりました。 日本 20800円 ダウ 26400ドル   レンジ上 […]

天井を想定させる4つのダイバージェンスを見る。

ダイバージェンスとは、株は高値を抜いたのに「オシレータ」が下がっている現象。 天井圏で見られる現象だ […]

日経225先物の4時足の移動平均線の本数で優位性を探る

移動平均は日足なら○○日移動平均線となりますが 4時間足だと○○本移動平均線になります。 この本数が […]

日経225先物のチャート分析中心メルマガ開始

8月11日より開始しました。 タイトルは 先物で勝率65%の聖杯を探せ! 内容は 8月11日の見本が […]

ダウは下落トレンドが微妙な50日線上に

下はダウの日足チャートです 青いラインは13日移動平均線 緑ラインは50日移動平均線 3日間で115 […]

上昇トレンドの米株と下落トレンドの日経225。

2018~2019年度で 減税・利下げ国家と増税国家の違いが相場に大きな影響だ。 金曜日の米国GDP […]

高値を取って週足陰線のダウ。

FOMCの利下げ幅を巡ってFRBメンバーの発言がまちまちで 相場が揺れ動いたが、最後は(金曜日引け段 […]

NY市場は踏み上げで天井になるだろう。

ダウの日足を見ると〈下のチャート) 6月3日の24608ドルから7月15日15時が27352ドルです […]