「わからない」相場で行動できる人にだけ、
利益は届けられる。


あなたには、明日の相場の行方がわかりますか?

どれだけ世界的に著名な投資家でも、わからないと言うでしょう。
私も、45年以上も株式相場を見ていますが「わかりません」。

明日の相場の行方は、常に「わからない」。それが、正しい答えです。

わからないことが明らかなら、最初から何も賭けないほうがよいのでしょうか?

たしかに、行動さえしなければ損失は生まれません。
そして、静かに目減りしていく人生が手に入るはずです。
それもひとつの選択ですね。


他人は、助けてくれません。会社も、定年後は助けてくれません。
そして、今後インフレが確実に日本を襲います。そこで、年金も必ず目減りすることでしょう。
そのような世界で、未来のあなたを助けるのは、あなた自身の資産運用技術だけでは?

はっきりとお伝えします。
このコピーを最後まで読まれたあなたは、行動のときです。

日経オプション戦略

メール配信利用規約

日経225先物の4時足の移動平均線の本数で優位性を探る

移動平均は日足なら○○日移動平均線となりますが 4時間足だと○○本移動平均線になります。 この本数が […]

日経225先物のチャート分析中心メルマガ開始

8月11日より開始しました。 タイトルは 先物で勝率65%の聖杯を探せ! 内容は 8月11日の見本が […]

ダウは下落トレンドが微妙な50日線上に

下はダウの日足チャートです 青いラインは13日移動平均線 緑ラインは50日移動平均線 3日間で115 […]

上昇トレンドの米株と下落トレンドの日経225。

2018~2019年度で 減税・利下げ国家と増税国家の違いが相場に大きな影響だ。 金曜日の米国GDP […]

高値を取って週足陰線のダウ。

FOMCの利下げ幅を巡ってFRBメンバーの発言がまちまちで 相場が揺れ動いたが、最後は(金曜日引け段 […]

NY市場は踏み上げで天井になるだろう。

ダウの日足を見ると〈下のチャート) 6月3日の24608ドルから7月15日15時が27352ドルです […]

ダウの月足を見ると大暴落が待っているようだ!

下はダウの月足です。 左の青矢印から赤矢印まで10年間126カ月もの大相場です。 米国の雇用も100 […]

暴落確率が高いときのオプション戦略。

株式市場が過去の暴落の位置に来たから暴落するとは限らないが 今回は金利(利下げ期待)だけでの上昇で企 […]

6月19日にFOMCが市場期待に応える保証はない。

トランプ政権や市場では利下げのムードになっている。 FF先物では 7月利上げを88%の確率で織り込ん […]

米株週足は「買い転換」チャートに

先週の上昇理由は、はっきりしている。 ・経済状況からFRBの利上げ確率が高くなった。  それを後押し […]

下落トレンドのオプション戦略

日米の主要指標が200日線を切り長い陰線で下落してトレンド形成のチャートになった。 下はS&#038 […]

NY市場が「当分」新高値は取れないから、オプション戦略はコールショート。

米中貿易摩擦は覇権争いの様相になって個別企業の収益にも大きな影響を出し始めた。 貿易紛争(関税)が合 […]

上昇は重く、底堅い。オプションはショート戦略が優勢になりそうだ。

NY市場が史上最高値を付けてからの調整下落ですから 天井確定売りと押し目買いの攻防中です。 材料は「 […]

オプション戦略の3パターンからコース選択

オプション投資には3つの手法があります。 ①相場の大きな変化に賭けるロング戦略(勝率は20%以下) […]

10連休中にFOMCと米雇用統計がある!

連休まで5営業日あるが、ドル円とNY市場は相場が煮詰まっている。 ドル円の4時間足 チャートから相場 […]

日米株価の差は減税国と増税国の差。

米国の3指標が史上最高値に迫っている。 経済悪化の指標が多い中で各国の中銀が緩和政策を取っているから […]

バンクオフアメリカから下落警報。

昨日のロイターでバンクオブアメリカのS&P500の下落警報がレポートされていた。 我々が知ることので […]

ダウは、悪材料上昇の催促相場。

下落ムードだったNY株式市場は、ダウの25900ドル台乗せで上昇ムードに変化した。   下 […]

大幅下落に月曜日のオプション対策は。

3月22日のNY市場から日経225先物にと大きく下落した 特にナスダックは高かったためでしょうが、2 […]

ダウと日経225先物は3月5日の長陰線を超えるか!

3月5日に今年最大のい陰線を出して日米の株価は下落したが   ナスダックとS&P5 […]