10月のSQ週を乗り切る

10月は、まだまだ荒れて日経225先物は+-1000円以上動くだろうが

オプション戦略は?

 

今週はSQ週。セータが大きくなりショートの稼ぎどきといわれるが

安いオプションが日経225先物の+-500円で3倍4倍になる危険週でもあります。

しかも、先週は大荒れでした。

予想は米中協議までは荒れないでしょうか?

その確率は高いが確実ではありませんね。

 

ダウと日経225先物の日足チャートをみる。

下はダウの日足 青線は21日移動平均線、茶線はボリバン+-3です。

daひあし

ダウは材料で動いたのですがボリバン-3突破で短期で売られ過ぎから反発とも言えます。

ダウは移動平均線より下で平均線も下降しつつあります。

チャートの読みは移動移動平均で「戻り売り」の好機の形です。

 

日経225先物のチャートは

日経225先物日足

そっくり同じと言ってもいいだろう。

リードはダウですから、チェックはダウだけでもいい。

 

先物戦略として戻りの上昇を狙うより、戻ってからの売りのチャートになっている。

戻り相場なら短期で、いつ突然の急下落が始まるか解らないからです。

リスクとしての上昇は「短期急騰です」から押しで逃げる機会はあると思っている。

 

押す別の要因としては日経の騰落レシオが127%と高め。

月曜日に上昇数と下落数が半々としても指数は131%に上昇して警戒ラインになります。

3:1の大きな上昇なら135%にまで上がります。

 

確率としては月曜日の上昇をみたらコールショートが有利ではないでしょうか?

月曜日に寄り天もあるかもしれませんがパーフェクトに相場は解りません。

特にトランプツイートの一つで150ドル以上変わる相場です。

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225先物・オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

日刊「先物で勝率65%の聖杯を探せ!」

「65%聖杯 実践売買」

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

チャンス待ちコース

【無料メルマガ】オプション戦略(週刊)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー