GAFA決算上昇が終わり、コロナVSワクチン相場になる

米国株式指数の25日線割れの危機を救ったのは

アップルとアマゾンの2社の決算といっても過言ではない。

ダウは+155ドルだが

アップル1社でダウを+273ドル押し上げた。

アマゾンも好決算で+3.7%の暴騰でナスとS&P500を押し上げた。

 

上昇しているところから「駄目押し」のような好材料上昇ですから

これからも上昇して行くのは茨の道だろう。

下落しなくても上昇は難しい。

 

米国の金融支援も8月の1兆ドルで今月は終わり。

合計でコロン対策費は645兆円となった。

これがドル安を招きドル円104円台を実現させた。

 

相場の動きは悪材料買いから、好材料上昇、悪材下落に相場付きが変化してきた。

日本でも鮮明で金曜日のアドバンテストがストップ安

ファナックの大幅下落は決算からです。

今週から日本株の決算発表のピークを迎えるが

「悪化」は織り込み済みといえない状況になった。

 

基本的に米国追従だった日経先物も105円割れのドル円には

反応してきた。

金曜に急反騰したドル円が今週どうなるかは解りませんが

107円復活や102円にの声もある。

 

中勢では円高になるドルの増発だ。

 

オプション戦略としては

戻り売りで対処

22000を越えてきたら22500円までと決めて

コールレシオ、ショートバタフライ。

プットデビット、プットカレンダー。

相場に下落トレンド入りの確率は高いが過去に何度も

見てきたようにワクチン開発のニュースでは「一時的」に爆発高になる。

24時間しか高値はもてない欠点はある。

 

相場が企業業績や景気を見るようになれば世界中の上昇企業の

1/3は赤字と云われ1930年以来のGDP悪化になるので

・新型コロナ感染者数が収まらない(確定)

・ワクチンのメドが立たない

2条件が揃うと長期にわたって下降トレンドで日経先は15000円割れに

なってしまうだろう。

プットロング戦略はSQがあるので「いつ実るか」解らない。

ファーのプットはSQ近くなって暴落でもボラが100を越えないと

着火しないのでATMからあまり離れていない21500円程度がいいだろう。

不発の時は大負けするので70%くらいは外のプットショートでヘッジ手置く方がいい。

9月先物をショートして、届かない位置(20000円)のプットシオ

を入れデルタを合わせる戦法も勝率が高いと思う。

上昇に限界あり下は「いつ?ごこまで?」は解らなくても

打つ手は多い。

SQまであと2週間となればセータ効果も大きくなる。

カレンダーが有効になってくると思う。

プットカレンダーは横ばいで負けないで下落で勝つ

上昇は負けるが限界ありと決めておけば損失限定の範囲内です。

また低くなったボラも相場下落で上昇すればカレンダーには有利。

 

相場状況に応じての戦略が解らないかたは

5%会の短期コースかプラチナコースをおすすめします。

相場状況に合わせた様々な戦略をご紹介しています。

お申し込みは下からです。

 

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225先物・オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

日刊「先物で勝率65%の聖杯を探せ!」

「65%聖杯 実践売買」

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

長期+短期スプレッドコース

【無料メルマガ】オプション戦略(週刊)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー