株式市場はリスクvs金融緩和。

英国ブレグジット

米中貿易摩擦

欧米関税決定

数字に表れている世界的製造業の低下

どれでもチョット狂えば株式市場の急落を招く。

 

株式の下落を防いでいるのが先進国の金融緩和だ。

日本も黒田氏がマイナス金利深堀、etf  の6兆円から買い取り金額のアップをにおわせていた。

 

そんな綱引きが現在のダウ27000ドル、日経22500円から下に行くのを防いでいる。

 

日経225など3空で急騰したのに「押さない」

ダウが下落しても押さない!

トピっクスは下落しても日経225はユニクロで押さない。

そのユニクロは間もなく70000円になろうとしている。

最高値の更新まじかです。

逆にダウのユニクロレベルの寄与度を持つボーイングは金曜日だけでダウを250ドイ以上も下落させた悪役で日米が対照的になりました。

 

 

NY市場はナスとS&p500も下落しているのでボーイングだけのせいではない。

 

ですから日経225とダウチャートは一致しない。

まず下はダウに日足です

ダウ日足

赤い線は下値が切りあがっているライン大雑把に言えばFRBに利下げ期待と実行と

軌跡をともにしている。青線は米国投資家が重視している50日線です。

最後の金曜日に「ぶら下がり」的な嫌な陰線が出ています。

 

次は日経225先物の日足

HIAS I

 

御三家上昇で内容は悪いが指数のチャートは好調で高値もみ合い状態。

現物のチャートは3空出現から「押していない」強さだ。

金曜日ナイトセッションもNY市場や欧州の株式下落も無視して22500円と+40円高でした。

 

日米ともに上は重そうだが下落しない。

今後の展開は上か下かに大きく離れる可能性が高い。

経済状況を考えると横ばいの動きは今週解消されると思う。

大幅な離れを予想すると

オプション戦略なら両建てのバックが妥当になる。

幸いボラも高ない。

 

▽今回の記事が「役に立った」と思ったら、ぜひこちらをクリックお願いします。


日経225オプション ブログランキングへ
日経225先物・オプション戦略の各コースのお申し込みはこちら

ご希望の方は、下記よりお申込みください。
すべて入力必須項目です

*お名前

*メールアドレス

*希望コース

日刊「先物で勝率65%の聖杯を探せ!」

「65%聖杯 実践売買」

カレンダークラブ《プラチナ会員》

カレンダークラブ《ゴールド会員》

ショート戦略コース

長期+短期スプレッドコース

チャンス待ちコース

【無料メルマガ】オプション戦略(週刊)


Powered by FormMailer.
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー